カナガンキャットフードについて色々まとめてみた

品質の低いキャットフードは基本的に取り上げません

カナガンキャットフードの価格は本当に適正なの?冷静に分析

time 2016/04/28

カナガンキャットフードの価格は本当に適正なの?冷静に分析

カナガンキャットフードって今までのキャットフードと違い、めちゃくちゃ高いって感じますよね。

ホームセンターなんか行けば、キャットフード1.5kgが1000円前後で買えちゃうんですから。

対するカナガンキャットフードは同じ1.5kgでも税抜きで3980円。

送料と税込みだと4800円くらいになります。

実に3倍~4倍の価格がします。

最初は「高すぎるだろっ!」って思いますが、その価格に見合った品質なのかどうかをここで冷静に分析いたしました。

rapture_20160415162340

カナガンキャットフードの価格適正チェック

↓市販のキャットフードに使われている原料や特徴

  • 主原料は原価が安い穀物類
  • 肉やマグロなどの含有量は全体の数%以下
  • 人口添加物使用
  • アレルギー対策×
  • 一部使われている肉ですら腐った肉同然の極めて危険な物

↑これは1.5kgあたり1000円~2000円前後のキャットフードに間違いなく共通している事実です。

裏面の原材料の表記を見れば一目瞭然。

家禽肉・ミートミルなどの表記があれば、それは腐った肉同然の危険な肉と認識して間違いありません

動物の内臓や糞など全てごちゃまぜにしています。

 

そして今回ご紹介した上記5点。

カナガンキャットフードでは全てが間逆になっています。

  • 主原料はチキンで穀物不使用
  • チキンの含有量は全体の50%以上
  • 無添加
  • アレルギー対策○
  • 使われている肉は人間でも食べられる品質の高い物だけを使用

こういった事実だけを比較しても、価格で3倍~4倍差が出てもありあまる高品質というおつりがきます。

何より粗悪品のキャットフードを与え続けるのは、猫の寿命を縮める事と同義語です。

rapture_20160415162334

命はお金で買えませんが、品質の高いキャットフードはお金で買えます。

そしてそれが結果的に長生きの秘訣になるのなら、このカナガンキャットフードの価格が高いと思うのか安いと思うのかははあなたのご判断しだいでしょう

私は安いと思って今でも飼い猫に与え続けています。

 

ある意味お金でペットの命は買えると間接的に思っております

 

ペットは飼い主の与える食事が全てですからね。

 

トップページ